フラグを立てよう

日常・プログラミング・読書など掲載

小説『ミッキーマウスの憂鬱』 見どころ

松岡圭祐著書の『ミッキーマウスの憂鬱』の見どころを紹介します。
 

 

ミッキーマウスの憂鬱 (新潮文庫)

ミッキーマウスの憂鬱 (新潮文庫)

 

 

 
内容
 東京ディズニーランドでアルバイトすることになった21歳の若者。友情、トラブル、恋愛……。様々な出来事を通じ、裏方の意義や誇りに目覚めていく。秘密のベールに包まれた巨大テーマパークの〈バックステージ〉を描いた、史上初のディズニーランド青春成長小説。

 

 
見どころ
  • ディズニーランド
  • 会社内の風潮

 

 

ディズニーランド
 
東京ディズニーランドの現場の裏側を覗いてしまった…
 
と感じるほど舞台裏が細かく描かれており、どこまでがリアルでどこからがフィクションなのか区別がつかないほどです。ランドに潜入した気分にさせてくれます。
 
 
会社内の風潮
 
正社員準社員に対する差別が激しい。物語の中でディズニーの正社員は、舞台演者やパレードのクルー、本社の社員となっています。その正社員から準社員だから”首を突っ込むな。口出しするな。と準社員の主人公に対して理不尽すぎるくらいに言葉が飛んできます。また、保身的な会社の幹部は準社員をずさんに扱い、会社の駒だとしか考えていません。その歪んだ会社内の風潮を主人公がどう変えるのかが見どころです。 
 
 
読了後はスッキリとした気分を味わえるでしょう。
ディズニーランド好きの人には特におススメします!