フラグを立てよう

日常・プログラミング・読書など掲載

2018/2/15

最近、比較することの重要性というか、自分が比較するという行為のフローを理解していないスムーズに行うだけの訓練されていないと思ったので比較について考えたい。

比較についての質問を作る。

①比較に必要なものは

②比較する項目

③比較する際に必要な対象物の数

 

①「比較に必要なものは」について
比較とはどういうもの何だろう。辞書に書いてある説明を記してみる。

ひ‐かく【比較】[名](スル)
 二つ以上のものを互いにくらべ合わせること。
 (「比較にならない」の形で)くらべるに価する対象。
(デジタル大辞泉より)

 

ひかく【比較】( 名 ) スル

〔「ひこう」の慣用読み〕
 くらべること。二つあるいは三つ以上のものをくらべあわせて、そこに認められる異同について考えること。
 (「比較にならない」の形で)くらべる価値のある対象。
(大辞林 第三版より)

上記の説明から、比較には「もの」が必要不可欠である。また、何を比較するのかその「基準」いわゆる「ものさし」が必要であると考える。

「もの」と「ものさし」